←トップへ戻る

インターホンについて

大規模修繕工事

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

インターホンの改修をするに当たり、どこまでが共用部分で、どこからが専有部分になるのか疑問に思いました。
インターホンの線は共用部分になると思いますし、玄関の外についているインターホンも共用部分なのでしょう。
部屋の中のインターホンは専有部分なのでしょうか。
そうすると管理組合は外のインターホンまでの改修になるのでしょうか。
部屋の中のインターホンまで変える場合には各自の負担になるのでしょうか。
時々、自分で変えてしまっている方のことも聞きます。
というと、特に全体で変えなくてもいいのでしょうか。
部屋の中のインターホンが故障したときにはどちらの負担になるのでしょうか。
部屋の中のインターホンは、共用部分で専用使用権があるということなのでしょうか。

みんなの回答

私のマンションは
・竣工時当初はオートロック無し、住宅情報盤(火災・ガス・風呂・非常ボタン・インターホン付き)
・数年後電話回線によるオートロック機能を取り付け(住宅情報盤は変更なし)
・平成18年頃インターホンの故障が各住居で多発しインターホンのみ別に回線を追加して更新(一旦自費で交換した住居もあったみたい です。その後返金したかどうかは不明)。住宅情報盤関係すべて更新すると費用がかかるという当時の理事会の判断だそうです。よって 住宅情報盤とインターホンが別々になった。
・4年前住宅情報盤が一部住居で故障(非常ボタンを押しても警備会社へ信号が届かなくなった)、防災訓練時非常ベルが部屋まで聞こえ ないことがあるとのことで、住宅情報盤を更新し自火報が作動したら住宅情報盤にも警報が鳴る装置を取り付け、同時にオートロック機 能も住宅情報盤につなげた。
・現在インターホンのみ独立しており、住宅情報盤は火災・ガス・非常ボタン・オートロック付きとなっております。なおインターホンと 住宅情報盤はメーカーが違うというもったいないことになっております。
・よってインターホンは戸建てみたいなことになっているので勝手に最新のものに替えている住居もあるみたいです。
というかわったマンションです。もう共用部やら専有部やらよくわかりません(笑)。当時の理事会に対して「いらんことしたなあ」と心の中で思っています(笑)

クッシーさん 情報ありがとうございました。
なんか複雑な経緯ですね。
私も読んでいるうちに「フム」「フム」 から 「ん?」に変わっていきました。
よくわからなくなりました(笑)

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

石山様 ご回答ありがとうございました。
主旨は費用負担のことなのです。
そうですね、機能により考え方の違いが出るものですね。
ありがとうございました。

インターホンのシステム全体の種類によると思います。単純に専有部玄関↔︎専有部内のまさにインターホンとしての使い方なら、専有部内の設備ということでいいかと思います。
最近のマンションでは消防法の特例措置を取っている場合、インターホンも火災報知設備のひとつになり、共用設備としております。
また集合玄関機プラスオートロックを備えているのであれば、エントランスの解錠を考えると、共用部の設備の一部であると考えるのが妥当かと思います。

taroさんありがとうございます。
そうですね。設備のグレードによって違うのかもしれません。
いろいろ勉強になります。
当方のマンションばかりのことではなく、それぞれの状況で変わる、若しくは変えて判断するということに気が付きました。
ありがとうございました。

当方のマンションの取扱事例を紹介します。  
インターフォンに関しての管理規約はありませんが、共用部として扱っています。 
故障した時に組合員が自費で交換するマンションがあるとは知りませんでした。
理事会または管理会社が勘違いされてないでしょうか?

当方ではインターフォンは火災報知器や緊急通報の端末でもあり、親機と子機をセットで使用するもので、管理組合の管理の元にあり居住者が勝手に交換するものではありません。
補修部品が無くなってきたので親器・子器共に管理組合で総取っ替えした事もあります。

室内も室外の端末もすべて共用部扱いです。 よって室内の端末は共用部の占有使用だと理解しています。 なお、これが普通だと思っていました。

近隣の管理組合も同じ解釈なので、真っ先に貴方のマンションの管理会社の見解を確認して下さい。

以上

ヨコオさん ご回答ありがとうございます。
そうでしたね、
火災警報器や緊急通報がセッティングされていました。
ご自分で変えた方は、そのような機能も付いたものにしているのでしょう。
もっとはっきりカラーで見えるものと言われていました。
まぁ それは個人の勝手ということで(ホントはいけないのでしょうけれど)、組合は共用部分と扱うべきですね。
ありがとうございました。

メロディーさん 、
私はインターフォンが故障した時に自費で交換する話だと思って回答していました。
それに伴い、詳細を確認させて下さい。 

1.自費交換した人は故障では無くて、より性能の高い製品が使いたくて交換したのでしょうか?

2.そうでしたら、その人は現行製品のシステムと完全な互換性がある製品へ交換されたのですか?

3.もしかして事前に理事会の承認を得てませんか?
(火災報知器と連携してる場合は、火災の時に警報を鳴らす役目を果たさなければ、他の部屋まで危険にさらします。 機種変更を安易に許可するとは思えないものですから!?

以上

1.自費交換した人は故障では無くて、より性能の高い製品が使いたくて交換したのでしょうか?
  ・それについてはわかりませんが、交換したものは以前より性能のいいものとのことです。

2.そうでしたら、その人は現行製品のシステムと完全な互換性がある製品へ交換されたのですか?
  ・オートロックなど不便はないようですから互換性のあるものと思います。

3.もしかして事前に理事会の承認を得てませんか?
(火災報知器と連携してる場合は、火災の時に警報を鳴らす役目を果たさなければ他の部屋まで危険にさらします。 他の機種への交換を安易に許可するとは思えないものですから!?
  ・残念ながらそれはありませんでした。

こういうこと考えると本当に「共用部分」になりますね。
単なるインターホンではない役目があるわけで。

勝手にインターフォンを変えた事に気が付いた時点で、理事会としては原状復帰を指示すべきでしょうね~。 

その住人は占有部の機器だと考えている節がありますので、管理規約を確認するところから始めて、ハッキリした規定が無かったら管理規約の改定を行う方向で進めてはいかがですか?(トラブルの未然防止の為)

メロディーさん こんにちは
悩ましい問題ですね。
貴マンションの管理規約にはどう書かれていますか?
インターフォンに関しての記載はありませんか?
私の住んでいるマンションは、皆さんは専有部との認識で
不良になった場合、各自で交換されています。
管理組合の負担とはなってはいません。
過去質問の「マンションインターフォン」「共用部」で
検索をかけてみますといろいろな回答があります。
玄関前と室内だけのインターフォンシステムについては
専有部との認識が多いですね。(各マンションの管理規約によりますが)
この種類のインターフォンは電池式と電源AC100V式があります。
電池式は、電池が劣化すれば各自で交換されていますよね。
電源式は、各自の居室のコンセントから電源を取っていますよね。
共用部であればこの電池代、電気代も管理組合の負担と
なると思います。
どなたもその費用は管理組合に請求されていないと思います。
私もその認識で専有部との判断です。
エントランスに設置されている集中管理のインターフォン親機に
ついては、その修理にかかる費用は管理組合負担で、子機
(各居室のインターフォン)については、各室の使用者負担と考えます。
不良の調査費用については、管理組合負担で立て替え、子機の不良であれば
各室の使用者負担と考えます。
これは、各マンションの管理規約によりますので、各マンションで
管理規約をよく読んでいただき運営してください。
また、管理規約にインターフォンの件が記載されていなければ
早急に決めなくてはならないと思います。

メロディーさん こんにちは
再度追加で
>インターホンの線は共用部分になると思いますし、
>玄関の外についているインターホンも共用部分なのでしょう。
この論法であれば、PS内に設置している水道メーターの出口側
から外壁までも共用部と考えられますし、同じくPS内のガス湯沸かし
設備も共用部、電気メーターの屋内引き込み側も共用部になると
お考えなのでしょうか?
最終的には、貴マンションの管理規約にて判断すべきことだと思います。

maikuro3さん
再度にわたってご回答ありがとうございます。
残念ながら当方の規約にはインターホンについては記載がありません。
多くの組合で同じように記載はないと思います。

また、インターホンの回線が共用部分にあたるということは、消防設備の配線と同様な位置づけとして共用部分と考えております。
個人の都合で使用するものではなく、マンションの資産としての位置づけでもあります。
しかし、室内のインターホン設備については明確な判断資料がなく、皆様に問いかけをさせていただきました。
先にインターホンの改修工事をしたところでは、室内の設備まで変えなければ使用ができないということで、全部管理組合負担で行いました。
しかし、個人で変えているところがあるということは、全体で変えなくてもいいということになり、専有部分、若しくは専用使用権かなあと思案しているところであります。

メロディーさん こんばんは
ご返事ありがとうございます。
あと一言
>また、インターホンの回線が共用部分にあたるということは、
>消防設備の配線と同様な位置づけとして共用部分と考えております。
火災報知設備の火災報知器は、消防法によって設置、点検は義務付けられています。
しかし、インターフォン設備はある方が良いですが無くても支障のない
ものではないでしょうか。
私はどうしてもこれらを同一視できません。
ご自分で交換されたお宅の対応をどうするのか?
管理組合(理事会)でよく検討する必要があると思います。
貴管理組合では、共用部との判断なら既に交換された方は
共用部の設備を勝手に変更したのですから。
きつい言いかたをすると、その方は善管注意義務違反になりますよね。 

当方のマンションの取扱事例を紹介します。  
インターフォンに関しての管理規約はありませんが、共用部として扱っています。 
故障した時に組合員が自費で交換するマンションがあるとは知りませんでした。
理事会または管理会社が勘違いされてないでしょうか?

当方ではインターフォンは火災報知器や緊急通報の端末でもあり、親機と子機をセットで使用するもので、管理組合の管理の元にあり居住者が勝手に交換するものではありません。
補修部品が無くなってきたので親器・子器共に管理組合で総取っ替えした事もあります。

室内も室外の端末もすべて共用部扱いです。 よって室内の端末は共用部の占有使用だと理解しています。 なお、これが普通だと思っていました。

近隣の管理組合も同じ解釈なので、真っ先に貴方のマンションの管理会社の見解を確認して下さい。

以上

ヨコオさん ご回答ありがとうございます。
そうでしたね、
火災警報器や緊急通報がセッティングされていました。
ご自分で変えた方は、そのような機能も付いたものにしているのでしょう。
もっとはっきりカラーで見えるものと言われていました。
まぁ それは個人の勝手ということで(ホントはいけないのでしょうけれど)、組合は共用部分と扱うべきですね。
ありがとうございました。

メロディーさん 、
私はインターフォンが故障した時に自費で交換する話だと思って回答していました。
それに伴い、詳細を確認させて下さい。 

1.自費交換した人は故障では無くて、より性能の高い製品が使いたくて交換したのでしょうか?

2.そうでしたら、その人は現行製品のシステムと完全な互換性がある製品へ交換されたのですか?

3.もしかして事前に理事会の承認を得てませんか?
(火災報知器と連携してる場合は、火災の時に警報を鳴らす役目を果たさなければ、他の部屋まで危険にさらします。 機種変更を安易に許可するとは思えないものですから!?

以上

1.自費交換した人は故障では無くて、より性能の高い製品が使いたくて交換したのでしょうか?
  ・それについてはわかりませんが、交換したものは以前より性能のいいものとのことです。

2.そうでしたら、その人は現行製品のシステムと完全な互換性がある製品へ交換されたのですか?
  ・オートロックなど不便はないようですから互換性のあるものと思います。

3.もしかして事前に理事会の承認を得てませんか?
(火災報知器と連携してる場合は、火災の時に警報を鳴らす役目を果たさなければ他の部屋まで危険にさらします。 他の機種への交換を安易に許可するとは思えないものですから!?
  ・残念ながらそれはありませんでした。

こういうこと考えると本当に「共用部分」になりますね。
単なるインターホンではない役目があるわけで。

勝手にインターフォンを変えた事に気が付いた時点で、理事会としては原状復帰を指示すべきでしょうね~。 

その住人は占有部の機器だと考えている節がありますので、管理規約を確認するところから始めて、ハッキリした規定が無かったら管理規約の改定を行う方向で進めてはいかがですか?(トラブルの未然防止の為)

インターホンのシステム全体の種類によると思います。単純に専有部玄関↔︎専有部内のまさにインターホンとしての使い方なら、専有部内の設備ということでいいかと思います。
最近のマンションでは消防法の特例措置を取っている場合、インターホンも火災報知設備のひとつになり、共用設備としております。
また集合玄関機プラスオートロックを備えているのであれば、エントランスの解錠を考えると、共用部の設備の一部であると考えるのが妥当かと思います。

taroさんありがとうございます。
そうですね。設備のグレードによって違うのかもしれません。
いろいろ勉強になります。
当方のマンションばかりのことではなく、それぞれの状況で変わる、若しくは変えて判断するということに気が付きました。
ありがとうございました。

私のマンションは
・竣工時当初はオートロック無し、住宅情報盤(火災・ガス・風呂・非常ボタン・インターホン付き)
・数年後電話回線によるオートロック機能を取り付け(住宅情報盤は変更なし)
・平成18年頃インターホンの故障が各住居で多発しインターホンのみ別に回線を追加して更新(一旦自費で交換した住居もあったみたい です。その後返金したかどうかは不明)。住宅情報盤関係すべて更新すると費用がかかるという当時の理事会の判断だそうです。よって 住宅情報盤とインターホンが別々になった。
・4年前住宅情報盤が一部住居で故障(非常ボタンを押しても警備会社へ信号が届かなくなった)、防災訓練時非常ベルが部屋まで聞こえ ないことがあるとのことで、住宅情報盤を更新し自火報が作動したら住宅情報盤にも警報が鳴る装置を取り付け、同時にオートロック機 能も住宅情報盤につなげた。
・現在インターホンのみ独立しており、住宅情報盤は火災・ガス・非常ボタン・オートロック付きとなっております。なおインターホンと 住宅情報盤はメーカーが違うというもったいないことになっております。
・よってインターホンは戸建てみたいなことになっているので勝手に最新のものに替えている住居もあるみたいです。
というかわったマンションです。もう共用部やら専有部やらよくわかりません(笑)。当時の理事会に対して「いらんことしたなあ」と心の中で思っています(笑)

クッシーさん 情報ありがとうございました。
なんか複雑な経緯ですね。
私も読んでいるうちに「フム」「フム」 から 「ん?」に変わっていきました。
よくわからなくなりました(笑)

メロディーさん こんにちは
悩ましい問題ですね。
貴マンションの管理規約にはどう書かれていますか?
インターフォンに関しての記載はありませんか?
私の住んでいるマンションは、皆さんは専有部との認識で
不良になった場合、各自で交換されています。
管理組合の負担とはなってはいません。
過去質問の「マンションインターフォン」「共用部」で
検索をかけてみますといろいろな回答があります。
玄関前と室内だけのインターフォンシステムについては
専有部との認識が多いですね。(各マンションの管理規約によりますが)
この種類のインターフォンは電池式と電源AC100V式があります。
電池式は、電池が劣化すれば各自で交換されていますよね。
電源式は、各自の居室のコンセントから電源を取っていますよね。
共用部であればこの電池代、電気代も管理組合の負担と
なると思います。
どなたもその費用は管理組合に請求されていないと思います。
私もその認識で専有部との判断です。
エントランスに設置されている集中管理のインターフォン親機に
ついては、その修理にかかる費用は管理組合負担で、子機
(各居室のインターフォン)については、各室の使用者負担と考えます。
不良の調査費用については、管理組合負担で立て替え、子機の不良であれば
各室の使用者負担と考えます。
これは、各マンションの管理規約によりますので、各マンションで
管理規約をよく読んでいただき運営してください。
また、管理規約にインターフォンの件が記載されていなければ
早急に決めなくてはならないと思います。

メロディーさん こんにちは
再度追加で
>インターホンの線は共用部分になると思いますし、
>玄関の外についているインターホンも共用部分なのでしょう。
この論法であれば、PS内に設置している水道メーターの出口側
から外壁までも共用部と考えられますし、同じくPS内のガス湯沸かし
設備も共用部、電気メーターの屋内引き込み側も共用部になると
お考えなのでしょうか?
最終的には、貴マンションの管理規約にて判断すべきことだと思います。

maikuro3さん
再度にわたってご回答ありがとうございます。
残念ながら当方の規約にはインターホンについては記載がありません。
多くの組合で同じように記載はないと思います。

また、インターホンの回線が共用部分にあたるということは、消防設備の配線と同様な位置づけとして共用部分と考えております。
個人の都合で使用するものではなく、マンションの資産としての位置づけでもあります。
しかし、室内のインターホン設備については明確な判断資料がなく、皆様に問いかけをさせていただきました。
先にインターホンの改修工事をしたところでは、室内の設備まで変えなければ使用ができないということで、全部管理組合負担で行いました。
しかし、個人で変えているところがあるということは、全体で変えなくてもいいということになり、専有部分、若しくは専用使用権かなあと思案しているところであります。

メロディーさん こんばんは
ご返事ありがとうございます。
あと一言
>また、インターホンの回線が共用部分にあたるということは、
>消防設備の配線と同様な位置づけとして共用部分と考えております。
火災報知設備の火災報知器は、消防法によって設置、点検は義務付けられています。
しかし、インターフォン設備はある方が良いですが無くても支障のない
ものではないでしょうか。
私はどうしてもこれらを同一視できません。
ご自分で交換されたお宅の対応をどうするのか?
管理組合(理事会)でよく検討する必要があると思います。
貴管理組合では、共用部との判断なら既に交換された方は
共用部の設備を勝手に変更したのですから。
きつい言いかたをすると、その方は善管注意義務違反になりますよね。 

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

石山様 ご回答ありがとうございました。
主旨は費用負担のことなのです。
そうですね、機能により考え方の違いが出るものですね。
ありがとうございました。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

石山様 ご回答ありがとうございました。
主旨は費用負担のことなのです。
そうですね、機能により考え方の違いが出るものですね。
ありがとうございました。