←トップへ戻る ←戻る
Thumb p1010395

祖堅 千鶴子 さん

アドバイザー
得意分野
マンションの管理運営(ソフト面)・トラブル相談
URL
http://office-soken.yokohama
地域
神奈川県
電話番号
045-574-9178

マンション管理士として顧問業務のほか、「規約・使用細則改正」「滞納問題」「管理会社変更」「大規模修繕工事サポート」「業者との交渉」等、様々な問題に対峙してきて、10年以上となりました。管理組合は単なる組織ではなく、人々が暮らし、日々の生活を送る場所です。私は管理組合を生きているものと考え、健全に大きく育てるために組合運営のサポートをすることが役目と思っています。当然に管理会社さんの力も必要なものす。私の役目は、組合運営のサポートそのものだけでなく、管理会社さんの持つ力をいかにうまく引き出し、組合のために活用できるように持っていくかということもあります。自身のマンションでも役員を務め、役員の皆様の立場やお気持ちを理解しているものと思います。皆様のお役に立ちたいと考えています。

民泊を許容しない方針の決議について

大規模修繕工事

管理組合の運営

マンションポータルサイトで下記の情報を読みました。
「規約改正の手続きが間に合わない場合は、少なくとも総会あるいは理事会において、住宅宿泊事業(民泊)を許容するか否かの方針を決議しておくことが重要です。」

例えば、「民泊を禁止する規約改正」の議案が4分の3の定数を満たさず特別決議で可決できなかったとして、別の議案で「許容しない方針」が過半数の定数を満たして普通決議で可決された場合、このような総会議事録を提出して民泊の届け出がされたらどちらとして受け取られるのでしょうか?

無関心な組合員が多い管理組合では、4分の3以上の定数を満たすのは大変でも、過半数なら満たすことができる、という場合もあろうかと思います。
その場合は「方針」だけ可決させれば効力があるのでしょうか?
やはり規約の改正をしないと民泊は禁止できないのでしょうか?

危険物の持ち込みに灯油は入るのでしょうか?

管理規約

ある住民から今年は寒いので
灯油ストーブを実家から持ってきたいと相談されました.

規約では危険物の持ち込みは当然NGですが
それ以上の事はかいてありません.

灯油タンクなどは当然ベランダなどに置くことになるので
禁止ですよと回答でよいのでしょうか?

居住者名簿の更新で出したくない人への対応方法

大規模修繕工事

管理組合の運営

近所のマンション火災がおき
住民連絡や賃貸のオーナーと連携が遅れ、
修繕が、なかなか進まない事がありました。

そのことを参考に、うちのマンションでも
20年以上行っていなかった
居住者名簿を更新することになりました。

火事や急病人が出た場合にのみ使う事を条件に
自宅外の緊急連絡先を追加し、名簿更新を依頼しましたが、
やはり完全に無視1件・個人情報出したくない1件、と回答がありました。
他は全て集まってしまいました(協力 50件 すごいいい数字らしい)

個人情報を出した側の住民は、
全員分集めないと不公平だよ!
火災が起きて、そのまま連絡がつかなくなったらどうするんだ
などの不満もあり

登記簿調べたらなど言う方もいました。
問題を起こしたわけでもないので、
そこまで勝手に調べるのも失礼かなとも考えてます。

理事会はどこを着地地点にすればよいか困っています。
こんな風にしたら集まるよなど
まとめ方にアドバイスがあれば是非お願いします。

自動更新条項は有効か

管理業の委託

当マンションでは管理委託業者との契約締結は総会決議が必要とされていますが、自動更新条項により1年間の契約期間が毎年更新されるため総会決議がされたことがありません。こうした自動更新条項は問題がないのでしょうか。なお、重要事項説明は毎年行われています。

「増圧直結給水方式」への切替工事の賛否

建物の維持管理

大規模修繕工事

築22年め、62世帯のマンションです。現在は貯水槽水道方式ですが、毎年管理会社から「増圧直結給水方式」への切替工事を勧められていました。ちなみに、「切り替えるとこういうメリットデメリットがありますよ」と言った感じでなにがなんでもというわけではありません。2年前の理事会では「多額の費用をかけてまで行うメリットはない」として、「工事は必要ない」と結論をだしそれは議事録にも残りました。次の期もその次の期も第一回の理事会で、管理会社は増圧直結給水方式への切り替え工事のメリットデメリットの説明をしました。その2期の理事会は、それだけの説明では判断がつかず保留にしていました。

昨年から、修繕委員会では大規模修繕工事をオリンピック後に2年ずらし、それを踏まえて長期修繕計画の見直しをしています。その際に、再度管理会社から増圧直結給水方式への切り替え工事のメリットデメリットの説明がありました。うちの管理組合の修繕委員会のメンバーは、理事会役員+修繕特別委員という構成です。論議のなかで、長期的にみれば増圧直結給水方式へ切り替えたほうがメリットがあると結論をだし、それを踏まえた長期修繕計画案を作成し、このたび住民説明会を行う予定です。

この段になって、一度理事会でやらないと決めたのにそれをやるのはおかしいのではないか、貯水槽がまだ使えるのだから切り替え工事をする必要はないのではないか、という意見が修繕委員会のメンバーの中から出てきました。

一度理事会で「やらない」と決めて議事録にも残っているからといって、それを覆すことはできないのでしょうか?

不誠実な管理会社

その他

1、修繕積立金、管理費の保全処置は、管理費は**建設とは独立した口座で管理しているとの回答、修繕積立金(残高なし、業務上横領の疑い)管理費の銀行残高証明書を要求(開示なし)
2、長年にわたり会計報告がなし
3、管理規約に利害関係者の請求により閲覧させると明記されているが個人情報保護法により閲覧不可(規約違反)
上記の質問をしたところ、弁護士同伴なら会いましょう、管理会社は裁判も辞さない構えです。
我々区分所有者はマンション適正化法により住民主体の管理組合を求めています。

理事長解任への実態

管理組合の運営

当方の管理組合では、理事長が独裁者で管理規約などは全く無視状態で自己勝手で理事会運営をしています。理事監理がいるが輪番でなった人ばかりで、無知無関心無責任無気力だから、理事長の勝手気ままに運営が進んでしまい、特に管理会社とつるんでいる模様があり、予算化もしない工事案件をどんどん発注をしており、私一人が反対しても決まってしまい困っています。
理事長を解任するしかないので、ネットでその手立てを探るとほぼ皆五分の一の組合員の合意で「臨時総会を開いて解任請求をすれば」と有りますが、その結果の「解任が出来た」実態がどこにも見当たりません。その実態をご存知でしたらばお教え願います。またそれ以外での理事長解任の方法が有りましたらばお教え願います。

次期理事会役割の選任

大規模修繕工事

当マンションでは、理事の選出については賃借人も含めてますが、三役(理事長・副理事長・会計)については、区分所有者に限定してます。ところが、次期理事会の選任会議において、理事長に区分所有者ではない賃借人が内定したと聞き、規約違反と伝えました。ただ、区分所有者の高齢化などで、対応できない方々も多く、比較的若く、意欲や管理組合への理解がある賃借人を取り込みには、区分所有法や裁判での管理者などの法的な制約などがありましたら、教えて下さい。

大規模修理 銀行融資

大規模修繕工事

銀行融資

防水シールの防水保障期間

大規模修繕工事

建物の維持管理

7年前の大規模修繕工事の際に、躯体と窓枠の間の防水シール(シリコン)の更新工事を行っています。住民から、窓枠下側にわずかながら漏水により壁紙にシミができており、防水シールの再工事が要求されました。工事業者(大手)からは保証期間(5年間)を過ぎており、工事費(約50万円、大半が外部足場設置費用)の見積もりが出されました。理事長としての対応方法を御教授ください。
1.状況から台風等の強風・強雨時にしか漏水は発生せず、また量もごくわずかであることから、5年後の大規模修繕工事まで工事を待ってもらう、という判断は妥当でしょうか(内装への損傷はほとんどないと思います。結露程度)。
2.防水シール工事後7年後の漏水は、保証対象外となる、という業者の主張は妥当なのでしょうか。防水工事は12年毎に設定されていることと矛盾を感じます。